はずれナシ!人気のバスケットボール漫画を紹介!

バスケ漫画

バスケットボールの魅力をより深く理解したいなら、人気のバスケットボール漫画を読んでみるのがおすすめです。まずご紹介するのは90年代に週刊少年ジャンプで連載され、アニメ化もした「SLAM DUNK」です。

作者は井上雄彦で、主人公の桜木花道やそのライバル的存在・流川楓など、魅力あふれるキャラクターが多数登場し、バスケを全く知らない読者でも楽しめる作品となっています。
初めはバスケ素人だった桜木花道が、バスケ部主将の赤木剛憲の妹・晴子に一目惚れしたことがきっかけでバスケ部に入部し、次第にバスケの魅力に気付いていくというストーリーで、作中ではバスケという夢中になれるものを見つけた主人公の成長ぶりや、チームメイトとの関わり、他校の選手とのぶつかりあいなどが丁寧に描かれていきます。
バスケを主軸に繰り広げられる人間ドラマは爽やかな熱さがあり、登場人物と同じ年代の若い読者はもちろん、大人の読者にもぜひ読んでほしい、色あせない感動がつまった名作です。

次に紹介するのは、SLAM DUNKと同じく週刊少年ジャンプで連載されていた藤巻忠俊の「黒子のバスケ」です。
ストーリーは影が薄い主人公・黒子テツヤと、帰国子女で熱血な性格の火神大我が同じバスケ部に入部するところからはじまります。
実は黒子は自分の影の薄さをうまく利用することで巧みにパスを回し、かつてはキセキの世代と呼ばれる天才選手達と共にプレイしていたこともある選手でした。
黒子や火神、キセキの世代といった個性的なキャラが活躍し、バスケの楽しさや魅力はもちろん、挫折や怪我などの苦しさもきちんと描かれているこの作品は、登場人物に感情移入しやすいので、最後まですらすらと読むことができます。

とっつきやすいバスケットボール漫画をお探しの方、読みやすい名作をお探しの方におすすめです。